排卵誘発剤のクロミッド

医学上で一年間に普通かつ正常の性生活でどんな避妊措置をしてなくても、妊娠することができないということを不妊と言います。
主に原発不妊と二次不妊と二つの種類が分けています。
原発不妊は今まで妊娠したことがないとのことです。二次不妊は前は妊娠したことがあるんですが、そのあと妊娠することができなくなってしまうとのことです。
不妊がごく普通の問題ですので、不妊治療も問題になりました。
大体10%~15%の出産適齢の夫婦が影響されています。

妊は排卵障害、免疫性不妊、子宮筋腫、子宮頸管炎などの原因があります。
そして女性の原因だけではなく、男性の生殖器官異常、内分泌紊乱、性機能障害なども不妊を促すといわれています。
不妊症の病因の中に3分の1が排卵障害といわれています。
月経不順、多毛症、男性化、乳汁の分泌および女性ホルモンが少ないなどで排卵異常の現象を表させます。

不妊治療をする排卵誘発剤は何種類がありますが、クロミッドという不妊を治療する専門薬が一番人気な商品です。
排卵誘発剤のクロミッドにはクロミフェンクエン酸塩を含まれています。この成分が女性ホルモンを抵抗するまたは弱くさせる機能を持ていますけれども、女性ホルモン抵抗する作用で排卵を誘います。
プロゲステロンと男性ホルモンの機能が持てません。
視床下部と下垂体の中を女性ホルモンと結び付けて、中枢神経細胞を低女性ホルモンのレベル状態にさせます。GnRHというホルモンを誘って、視床下部にLHとFSHを解放させます。
女性ホルモンの引き金を引くような作用を通して、排卵が出来るようになります。排卵誘発剤として一番効果があります。
クロミッドは正常の月経周期を戻させます。月経周期はじめの5日~9日の間にこの薬を一日一回飲む方がいいです。この製品は男性の生殖器官異常、軽度~中等度の精液性状低下、無精子症、性機能障害に対していい効果が持ています。
下垂体を明らかに抑制する効能を通して性腺ホルモンを釈放して、精子の活発を促進することができます。
不妊治療に対して実用性が強いですが、薬を飲んでいる間に毎日基礎体温を測って、患者の排卵や妊娠を監視する必要があります。
一旦妊娠しましたら、薬を停止しなければなりません。この点を注意してください。