不妊症の詳細

子供がほしいと思っていても、子供が出来ない夫婦は世界中でも多くなっており、10%程度ほどいるとされています。なぜ子供が出来ないのかなどの原因をご紹介していきます。
まず不妊症とは子供をほしいと思っている夫婦がSEXをしているのに時間が経っても妊娠しない状態のことを指しています。健康な夫婦が排卵する時に合わせてSEXを行っていれば、自然と妊娠する可能性は20%以上はあるとされており、この可能性で行くと1年以内に90%以上の確率で妊娠します。近頃は排卵時に合わせてSEXをする期間が1年以上続いても妊娠しない時は不妊検査を受けると良いとされています。もしも年齢が35歳を超えているときであれば1年も待たず半年程度が良いと言われております。
不妊症の場合は女性が原因となっているものと男性のもの理由が分からないものの3つとなっています。世界の保険期間が調べたところ4割以上が女性が理由、2割以上が男性が理由、2割以上が男女どちらもが理由、1割が理由が不明となっています。女性が理由となっていることが多いと考えられていますが男性が理由となっていることも多いのです。
女性が理由となっている場合は、排卵が問題なケースと卵管が問題なケースと子宮内膜症となっているケースと子宮頸管の異常が問題なケースと着床障害となっているケースと抗精子抗体となっているケースに分けられます。排卵が問題となっている場合は排卵されにくい状態になっている可能性が考えられます。このような状態になっている理由はホルモン分泌の異常などが考えられます。卵管が問題なケースは、卵管で卵子が詰まっていたり、卵子が卵管に取り込まれていなかったりします。これはクラミジアでの炎症などで起こると言われております。子宮内膜症が問題なケースは、子宮内膜症のせいで卵管とその周囲で癒着が起こっているから不妊となります。子宮頸管が問題なケースは精子を蓄える場所の液の酸性が高くなったり量が少なくなっているということが考えられます。着床障害となっている場合は、受精卵が着床しないため妊娠しづらくなっています。これはホルモンの異常などが考えられます。抗精子抗体が問題なケースは、精子の働きを妨害する抗精子抗体というものが分泌されているため妊娠しづらくなっています。
男性が理由となっている場合は、射精しなくなっていたり、精子に問題があったりすします。射精しない問題は勃起不全などが考えられますし、精子の問題であれば精子の濃度が低くなっていたりします。
不妊症は理由を特定しないと症状を改善することが出来ません。そのためきちんと理由を探し出してから症状を改善していくこととなります。その時に女性1人で抱え込んだりしても意味はありません。きちんとパートナーと話し合って改善に取り組んでいくことが必要になります。